ATELIER MUJI (有楽町店)コンポジション — モノが持つルール — 展

無印良品の有楽町店
ATELIER MUJI (ギャラリースペース)で開催されている
コンポジション — モノが持つルール — 展
へ、行ってきました。

現代アートの作家
冨井大裕さんの作品と指示書(組み立て説明書)の展示でした。

無印良品の商品を使っての表現の可能性を探る。
無印良品の商品を素材にした現代アートです。

冨井大裕さんは、
既製品に最小限の手を加えることで、それらを固定された意味から解放し、
色や形をそなえた造形要素として、「彫刻」のあらたな可能性を模索する。
という活動をしている人です。

冨井大裕さん曰く
私は作品をつくった後に必ず指示書(組み立て説明書)を残します。
作品をつくる時に私が大事にしていることは、
目の前にある「もの」ではありません。
ものに込められた人間の創意工夫、、、「こと」です。

本来の機能を離れ
完全に彫刻化しているのが、面白かったです。