キャッチコピーやヘッドライン、新聞の大見出しを参考に

広告のキャッチコピー、
WEBのページタイトル、
カタログのヘッドラインなど
少ない文字数で端的に、表現する必要があります。

理由は、
みなさん忙しく、情報はたくさんあり、
見られるのは、1秒ぐらい。
すぐに他の情報へ移ってしまいます。

瞬間的に
読み取れる、理解できる必要があります。

わからないものは、嫌われます。
脳は考えたくないからです。
(脳は小さな臓器ですが、大量にエネルギーを消費します。
生命維持のため余分なエネルギーを使いたくないのです。)

少ない文字数で端的に、表現する場合、
身近なものとして
新聞の大見出しがとても参考になります。

少ない文字数なのに
情報がわかります。伝わります。

文章が長くなりがちな方、ぜひ参考にしてみてください。

もちろん、言葉選び、表現手法も大切です。

株式会社小野デザイン
日本グラフィックデザイナー協会会員
小野健治
TEL.03-3774-8098
info@onodesign.co.jp