装丁デザインを手がけた、高安 義郎詩集「千億の銀河」。

装丁デザインを手がけた、
高安 義郎詩集「千億の銀河」が届きました。

全編を読むのが楽しみです。

デザインする前に
数編の作品を読ませていただきました。

装丁デザインに対して
作家の高安さんからは、

広大な宇宙の中の孤独がイメージできればと思っています。
抽象と半抽象の両方をお考えいただければ幸甚です。

というリクエストをいただきました。

広大な宇宙の中の孤独
を考えた時・・・

宇宙の中で、孤高に光り輝く星。
で表現できるのでは・・・


もう一つは、

地球から見た星々。(彼方に地平線が見える。)

あえて、人物は出てこないのですが
星を見上げている様子は、まさに孤独。

孤独を表現できるのでは・・・

2案作成し、宇宙の中で輝く星の案に決まりました。

河の文字ところに
わからないように、もう一つ星を描きました。

その星は、高安さんを支えている奥様です。

孤独
という
リクエストだったのですけど
あまりにも寂しすぎると思い
奥様の星を紛れ込ませました。

 

高安 義郎詩集「千億の銀河」
は、アマゾンで購入できます。

https://www.amazon.co.jp/%E5%8D%83%E5%84%84%E3%81%AE%E9%8A%80%E6%B2%B3-%E9%AB%98%E5%AE%89-%E7%BE%A9%E9%83%8E/dp/4866451254/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%8D%83%E5%84%84%E3%81%AE%E9%8A%80%E6%B2%B3&qid=1575078753&sr=8-1