2019年10月1日に出るBiNDupについて、不明点をサポートに確認しました。

10月1日に出るBiNDupについて
不明点が幾つかあったので、サポートに確認しました。

Q. パッケージ版の販売は?
今回から、ないそうです。
クラウド版ですが、BiNDupのソフトウエアをパソコンにインストールできます。

Q. 対応OS?
新しいBiNDupを紹介するホームページには、OSは下記の記載があります。
macOS High Sierra 10.13
macOS Mojave 10.14
macOS 10.15 Cataline

Windows 7 SP1
Windows 8.1
Windows 10

私の使っているMacは、10.11.6です。
使えるか確認したところ、10.11.6でも使えるそうです。
(販売のチャンスを逃しています・・・)

Q.旧BiNDupと新BiNDupの2つを1台のマシーンにインストールすることは?
できないそうです。新しいBiNDupだけに、なってしまうそうです。
AdobeのCCのように、CC2015、CC2016、CC2017、CC2018、CC2019
という風にインストールできると良かったのですけど・・・

Q.新BiNDupで制作したデータを旧BiNDupで開けるか?
インポートはできるが、新BiNDupの機能部分は表示がおかしくなるそうです。
バージョンの確認が大切になるそうです。

便利で面白そうな機能があり、試してみたいのですけど・・・

私の場合、完成データをお客様に渡すこともあります。
私が最新のBiNDupで制作して、お客様が古いBiNDupだと、不具合が発生します。

今までですと、BiND9、BiND10、BiNDupと
各バージョンをお客様に合わせて使い分けていました。

BiNDupの旧バージョンと新バージョンを
1台のパソコンに、共存できないことがネックです。

新しいバージョンにするか、しばらく様子を見ようと思います。