大好評!デザインのセカンドオピニオンを無料でやってます!

無料で
デザインのセカンドオピニオンをやっています。

本来
セカンドオピニオンとは、
患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、
治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、
現在診療を受けている担当医とは別に、
違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。

デザインの
セカンドオピニンとは、
いつも頼んでいるデザイナーとは違うデザイナーの
別視点の意見や考えも
参考にしていただき
よりより制作物が完成できたらと
始めたものです。

とりあえず、無料で、しがらみもないので
自由に意見を言わせていただいています。

最近の事例では・・・

制作途中の会社案内について
意見を聞かれました。
目的は、新規受注を取りたい。ということでした。

新規受注のための改善点をA4のレポートにまとめました。
ご担当者が社長に報告したい。ということでした。

全く問い合わせが来ない、
ホームページの改善点を指摘してほしい。

ということで・・・
ホームページの改善点と
SEOの取り組みについてご説明しました。

新しい商品のアイデアを出して欲しい。
という連絡もありました。

調べてみると、
既存に、優れた商品がたくさんありました。

それらが売れていないので、
新しい商品のアイデアを求められたようです。

優れた商品の存在を
知らせる方法が、うまくいっていないようでしたので、
その方法のアイデアをお話しました。

——-

東京商工会議所の交流会で
商品やサービスのパンフレットをもらったりします。

そんな時、特徴や便益が全く伝わって来ないものや
デザインがダサくて、品質が良くないイメージを発散しているものが
多くあります。

お客様は、安く出来上がれば良い。
情報が、網羅されていれば良い。
ということで
出来上がりによる
効果をあまり考えていないようです。

デザイナーも
言われた通りにしか作らない。
もしくは、どうしたら売れるパンフレットになるか
考えない、考えられない。のが原因のようです。

私の場合ですと
言われた通りに作ると
効果のない、変なものが出来上がってしまいますよ。
と、必ず言うようにしています。

発注者からすると、言うことを聞かないので、
めんどくさいかもしれません。

お金をかけて作るからには
効果が期待できるものを作るべきと考えています。

こんなことを言ったらいけないのでしょうけど・・・

そこそこの商品やサービスでも
デザインを良くすることで
差別化や良質なイメージに
することができる自信があります。

——-
ほんのわずかですが
私のデザインや考えや姿勢を気に入ってくださって
お仕事をいただけている現状です。