ブランディング

セミナー「パッケージデザインとブランデイング」 内田嘉基先生 誠文堂新光社主催

昨日の夜、
セミナー「パッケージデザインとブランデイング」(全3回)の
2回目のセミナーを受けに行ってきました。

2回目のテーマは、地場のパッケージデザイン。
(1回目は大手さんのパッケージでした。)

内田先生の
実際に手がけたデザインを見ながら
エピソードを踏まえたお話で
とてもためになりました。

普段の仕事にも
役立たせられそうです。

デザインの仕事をしていると、
予想外のとんでもないことが起こることがあります。

内田先生の凄い体験談を聞かせていただき
興味深く聞き入ったのと、
先生でもそうなのだから
といった
安心感のようなものが生まれました。

先生は、デザインをする時に
コミュニケーションを大切にしてるそうです。

内田先生の提唱する
地場のパッケージデザインのポイント

1.商品の明確化(どんな商品か、わかるようにする)
・どう売る(普及品か高級品、地場か百貨店か、地場か都心か)・・・一緒に考える
価格により見せ方を提案する
・食べ方や使い方を示す(売れ行きが変わる、選んでもらえる、かっこいいだけでは売れない)
・見せ方の工夫(差別化、アイデアを盛り込む)

2.サイズと分量
・商品により最適な量がある
・使いやすさを考える(個包装、ジップロックなど)

3.売り場の配慮
・デパート、物産(地場の売り場)、アンテナショップ、スーパーなど
売り上げが上がるところに向けに
・販路開拓向けに