「シナカモン」「ビーチュウ」「やたたま」

しながわECOフェスティバル2018で、「やたたま」「ビーチュウ」「シナカモン」発見!

5月26日(日)
「しながわECOフェスティバル2018」へ行ってきました。

ECOに関することが、一に会している感じでした。

戸越銀座駅の木でできている
駅舎の写真を見ながらのアンケート。

東京の西の方では、育った木がたくさんあるのだけども
利用率は30%ほどとのこと。

(駅舎は2017年グッドデザイン賞を受賞、土木学会デザイン賞2018奨励賞を受賞。)

木材の方が、地震や火に強いようですし、
(住友林業さんやTALOログハウスさんのパンフレットやホームページで見たことがあります。)
木のぬくもりもいいですし
木製の公共施設がもっとあっていいと思います。

積み木コーナーでは
ちびっ子達が思い思い何か作ってました。

イベントは
行ってみれば、何かしらの学びがあるのがいいかも・・・

会場を回っている中、3ぴきのキャラクターを発見。

聞いてみると・・・
東京2020オリンピック・パラリンピックの競技の
区応援競技のブラインドサッカー、品川区内開催のビーチバレーボール、ホッケーの
応援キャラクターだそうです。
名前は「やたたま」「ビーチュウ」「シナカモン」。
(公募により誕生)

並んでポーズを取ってくれました!