BiNDインポートできるデータに変換

BiNDのデータがなくなって困っている方へ

BiNDのデータがなくなって困っている方へ

古いバージョンでサポートも切れていて
切迫している状態でしたらお電話ください。
状況を確認し、対応策をお伝えします。

状況がお客様によって違います。直接お話しをお聞きし、対策をお伝えするのがスムーズです。
(メールですと、何度もやりとりしなければならない場合もあり、時間もかかってしまいます)

株式会社小野デザイン
東京都品川区大井1-22-13
担当:小野
TEL.03-3774-8098
info@onodesign.co.jp

———————————————–

<パソコンが壊れ、バックアップもなく、BiNDのデータが、全くなくなってしまった場合>

WEBブラウザーでホームページを表示し
そこからテキストや画像を取り出し、1から作ることになります。
手間のかかる作業になります。

<パソコンが壊れたが、パソコンのハードディスクのバックアップがある場合>

Macの場合、タイムマシーンで、パソコンのハードディスクを
バックアップをとっているとしたら・・・

今まで使っていたBiNDのバージョンが
BiND7以下であれば

ユーザーフォルダー内のユーザー名フォルダー内の
書類フォルダー内のDIGITALSTAGEフォルダー内の
該当データフォルダーを
BiNDupなどにインポート(取り込み)すれば
使えるようになります。
ただし、表示の調整は必要です。

お使いになっていたBiNDのバージョンが
BiND8、BiND9、BiND10、BiNDupの場合は、
取り込みはできません。

そのデータをフォルダごと
インポートしようとすると

サイトアップロードに失敗しました。
サイトデータファイルとして確認できませんでした。

と、アラートが出てきてしまいます。

メーカーのデジタルステージさんへ
問い合わせてみたのですが
やはりできない。という回答でした。

BiND8、BiND9、BiND10、BiNDupの場合は、
エクスポートしたデータがなければ
BiNDupなどで
インポートすることができないのです。

(ですので、定期的にエクスポートして
バックアップを取らなければなりません。)


最新のBiNDupでしたら
デスクトップアプリで制作する場合
制作データの
クラウドへの自動バックアップの設定ができます。
https://bindup.jp/support/01/0101/01010104m

設定が完了すると、BiNDupのログイン画面からログインし
BiNDupを起動すると
サイトシアターが表示され、制作したホームページの一覧を確認できます。


株式会社小野デザイン
東京都品川区大井1-22-13
担当:小野
TEL.03-3774-8098
info@onodesign.co.jp