BiND upでのSEO対策は、SEOアシスタント機能で!!

ホームページの制作を受けた時に
検索して上位に表示させて欲しい。と良く言われます。

でもそれは簡単ではありません。
コツコツと進めなければなりません・・・

Googleの検索時の表示順の原理原則は、
良質な情報を提供をしているホームページは、
検索時に上位に表示させる。ということです。

ですので
良質な情報を提供している。
頻繁に更新し継続的に情報を提供している。
多くの人が見にきている。
離脱しない。閲覧時間が長い。
他のホームページにリンクが多く貼られている。
目次がある。

などを行われていると、
徐々に検索後の順番が上位に上がってきます。

情報の新鮮さや更新の頻度など
ブログがてっとり早い方法といえます。

情報を調べている人、
情報を探している人がいます。
かたや
自社の情報を発信したい会社があります。

お客様からのお問い合わせや申し込みを
取り込むためには
どんなキーワードで
お客様になるであろう人が検索するか
どんな情報を欲しがっているのか
よく考える必要があります。

GoogleやYahooで検索すると
検索結果が
青い文字と説明文がズラーッと出てきます。

BiNDの場合
ページタイトル22文字
検索ロボット巡回設定
説明文110文字
で設定できます。

ここにどんな言葉を入力するか
非常に重要です。

琴線に触れる言葉を入れておかないと、スルーされてしまいます。

検索後上位に表示されても
クリックされなければホームページを見てもらえないのです。

1つの会社で、幾つかの取り扱い品目がある場合
品目ごとにページを作った方が
ページごとに、ページタイトルと説明文の設定ができるので
ヒットされやすくなります。

BiNDには
SEOアシスタントという機能がついています。

ホームページが出来上がった時点で
SEOアシスタントのボタンをクリックすると
SEOに最適でないところを指摘をしてくれます。

具体的には、下記です。
●プロパティ設定でページタイトル22文字をオーバーしてることの指摘
●検索ロボット巡回設定説明文110文字をオーバーしてることの指摘
●ページごとのページタイトル<h1>がないこと
●画像にALT設定がないこと
●パンくず設定がないこと
●リンク切れの指摘

SEOアシスタント機能は、
SEOに最適なホームページをラクに作ることのできる
便利な機能です。