#121リーフレット

新日本フィルハーモニー交響楽団 室内楽シリーズ XV #121 Percussion with…

昨日、新日本フィルハーモニー交響楽団の
Percussion with…という

パーカッションが、音楽をより面白くする。

というテーマの演奏会を聴きに行ってきました。

考えてみると
生演奏は数年前に
ピアニストの小池美奈さんの
コンサートに行ったきり。

大きなホールでは、中学生以来です。

演奏曲は
ジョリヴェ:エプタード(トランペットと打楽器のための)
中村滋延:モニメカラ ~ティンパニとヴァイオリン、クラリネットのための舞曲~
バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタSz.110

produced by 川瀬達也(NJP首席ティンパニ奏者)&柴原誠(NJP打楽器奏者)

  • ヴァイオリン 佐々木絵理子氏
  • クラリネット 重松 希巳江氏
  • トランペット 伊藤駿氏
  • パーカッション 川瀬達也氏、柴原誠氏
  • ピアノ 森浩司氏、高橋ドレミ氏

素人ながら感じたのは・・・

エプタード
打楽器の種類の多さがハンパなく、
それらを使いこなしての演奏がすごい。と思いました。

モニメカラ
ヴァイオリン、クラリネットのハーモニーが素敵で
そこにティンパニがうまくマッチしていました。
西洋の城下のお店や人々の生き生きした様子が湧いてきました。
(決闘の音楽なのだそうです。)

バルトーク
聴いていて思ったのは、この曲を発表された時
どんな評価を受けたのだろう。ということ。
世の中に多く前衛的な曲があったのなら普通かもしれませんけど
もし、今までになかったしたら
世間の風当たりは、相当強かったのではないでしょうか。

演奏後のワンコインパーティーでの
演奏者の挨拶で
普段オーケストラの中で演奏していて
個々の演奏が聴いてもらえて良かったと、
コメントがありました。

ジョリヴェもバルトークも珍しい演奏とのことで
演奏した方も楽しんでいらっしゃったようです。

ちなみに
リーフレットのデザインと絵は、小野が担当いたしました。